現金

クレジットカード現金化はどうして禁止されているのか?

クレジットカード現金化は、法律的に違法というわけではありませんが、ほとんどのクレジットカード会社では利用規約の中で禁止されています。

 

そのため、もしも現金化をしていることがクレジットカード会社にバレてしまうと、カードの利用停止という措置を取られてしまうことになるのです。

現金の持ち合わせがなくても後払いで払えるクレジットカードは、とても便利な支払い方法です。

カード払いができないところで現金化して現金で支払うことが禁止されているのは、どうしてなのかご存知でしょうか?

 

クレジットカード会社が現金化を禁止にする理由は、そもそものクレジットカードの目的に反しているという点、そして犯罪に利用されやすい点、多重債務者になってしまいやすい点などがあげられます。

そもそもクレジットカードとは、ショッピングや飲食代の決済で使うものなので、現金が必要な時にはキャッシング枠を利用してください、ということなのでしょう。

 

また、現金化の際にはしっかりとした審査などは行われることが少ないため、詐欺などの犯罪に利用されやすいという点もまた、クレジットカード現金化が禁止されている理由の一つと言えるでしょう。

 

クレジットカード会社にバレると直ちに利用停止の処分となり、クレジットカードが利用できなくなるだけでなく再度申し込んでも審査に通らなくなってしまう可能性が高いので気を付けましょう。

コメントを残す