注意喚起

クレジットカード現金化をしたら「免責不許可」になる可能性あり

クレジットカード現金化は非常に便利なサービスであるとはいえ、これを利用することには幾つものリスクが伴う、ということも理解しておく必要があります。

そのうちの1つが「免責不許可」というものです。

個人として借入金が大きくなり、返済が不可能になった場合には、「自己破産」という手続きを行なうことが可能です。

この手続きを行なうことで、返済ができない借入金に関して、裁判所から「返済の必要はもうありません」という許可を得ることができるわけです。

ただし、自己破産が成立するまでに、裁判所は破産申立人がどのような金銭管理をしてきたのかに関して厳密な調査を行ないます。

その審査過程において、クレジットカード現金化をしたという履歴がクレジットカード会社に残っていると、「不正な手続きをして現金を取得した」として、現金化によって得た金額に関しては「免責不許可」、つまり返済の義務が発生する可能性があるのです。

この点に関しては、破産法の中で明確に記載されています。

「借金を抱えていてキャッシュに困っている」という人は、クレジットカードの現金化を利用することでこうしたリスクを負う可能性がある、ということもきちんと覚えておきましょう。

コメントを残す