詐欺

クレジットカード現金化の換金率の基準

クレジットカード現金化の換金率は利用する側にとっては「どれだけ損をするか」、業者からすれば「どれだけ利益を得ることができるか」にかかっています。

ですから業者にしてみればできるだけ低いほうがいい一方、利用者にとっては高いほうがよいわけです。

この利害の食い違いがいろいろなトラブルをもたらしてしまうこともあるので注意したいところです。

よく「換金率95パーセント以上!」など高い換金率を宣伝文句にしている業者も存在しますが、実際にその率でクレジットカード現金化が行われることはごく稀です。

通常クレジットカード現金化を行う金額に基づいて換金率が設定されており、90パーセントを超える高い換金率が適用されるのは100万円を超える高額なケースがほとんどです。

10万~20万円程度では宣伝どおりの高い換金率は期待できないわけです。

ではどれぐらいが基準なのか?20万円程度だと70~80パーセント程度が相場です。

50万円以上になると80パーセント台後半から90パーセント近く、100万円を超えると先ほども触れたように90パーセントを超えることもあります。

注意したいのは、最初から宣伝に掲げていた換金率を適用する気などなく、あれこれと理由をつけては低い換金率での現金化を求めてくる悪質な業者も多い点です。

中には60パーセント程度など非常に低い率を適用してくることもありますから、いくらお金に困っていても足元を見られない注意したいところです。

コメントを残す