クレジットカード現金化は自己破産の申し立てで免責不許可事由に該当する

一時的な資金調達の方法としてクレジットカード現金化を利用される方もいますが、キャッシング枠ではなく業者を介してショッピング枠を現金化する方法ですので、額面通りの金額が受け取れるわけではありません。

そのため、利用のたびに利用者側は負担を強いられます。

一度だけの利用なら特に不都合なく終わることが多いですが、高い利息を支払って借金しているのと同じことです。

常習的にクレジットカード現金化を利用していると、やがて返済しきれなくなり多重債務に陥ることも十分あり得ます。

多重債務に陥り、万策尽きたという状況で最後に救いとなるのが自己破産です。

ところが、クレジットカード現金化による借金は、自己破産の申し立ての際に免責不許可事由となる可能性が非常に高いと言えます。

免責不許可事由に該当する理由にはギャンブルや浪費などが挙げられますが、クレジットカード現金化も同じように悪質とみなされ得るということです。

このように、クレジットカード現金化には非常に高いリスクがあります。

確実に翌月に返済できる場合に限り、一時的な手段として活用するのはかまいませんが、消費者金融などからの借金と同じ感覚で利用を続けていると、やがてはそれよりも深刻な事態に陥る可能性があるということです。

くれぐれも利用は計画的に行いましょう。

クレジットカード現金化で借金を一本化できるか

借金をすると必ず利息分と合わせた金額を返済しなければなりません。

額面通りの金額を返せば済むわけではないことは誰でも知っていることですが、そのため、複数の貸金業者からお金を借りていると、それぞれの返済日までに利子を付けた返済金額を用意することになります。

1カ月のうちに何度も返済日があると、うっかり忘れてしまうこともあるでしょう。

そういう返し忘れのリスクを減らす一つの方法が借金の一本化です。

銀行のおまとめローンなど、複数の金融機関で利用しているローンを1社にまとめるという方法はよく知られています。

一箇所一箇所、それぞれの返済日に決まった金額を毎月返済していくより、返済日が一度になるため返しやすくなることが確実です。

実は、クレジットカード現金化でもこの方法により借金を一本化している人がいるといいます。

クレジットカード現金化は業者によって手数料が異なります。

額面通り受け取れないので利息を負担するのと同じことですが、手数料の多い業者を利用してしまうと、消費者金融よりもはるかに高い利率で借金するのと同じことになってしまいます。

そのため、クレジットカード現金化で借金を一本化することにメリットはあまりないのですが、もしそうしようとお考えなら、非常にリスクが高い行為だということを覚えておいてください。