知らないで現金化に申込んだけどキャンセルできなかった話

どうしてもお金が必要で、消費者金融などに申込んではいたものの仕事もろくにしていなかった私では簡単にはお金を貸してはくれません。
ギャンブルなどで使い込んでしまった状況ではなかなか現金を手にするのは容易なことではありませんでした。
そんなときに、クレジットカードの審査が通ってしまったことでクレジットカードを持つことができました。
勿論、キャッシングの機能はついてません。
キャッシングが付帯するなら消費者金融で申込んでますからね。
クレジットカードさえあればと街中に存在する「お金貸します」てきな看板は流石に危険だということは私にも分かります。
ですので、カードでお金という看板のほうに連絡をすることにしました。
良くも悪くもその業者は実店舗が存在するということでその店舗の窓口まで足を運ぶことにしました。
自転車で40分くらいの場所だったので現金化できるならと早速お願いしたところ、「商品を選んでください」と窓口の女性の方に言われいくつかの商品から必要な金額の物を選び、その店で決済をしました。
その場で25分くらい待たされましたが、お茶も出してくれて現金を渡されました。
業者の方が金額を数えてくれて確認をしましたが、思ったより少ないなという思いがしましたが何もいえません。
すぐにその店をでて現金を再度確認してみると8万円くらいの商品の決済をして4万5千円くらいしかもらえませんでした。
あとできづいたのですがこれがクレジットカードの現金化なのか。
よく、換金率が低いとか危険だし詐欺に合うケースが多いということを聞いていましたが、確かにもらえる現金が想定よりも低かったことはありましたが詐欺にあう印象はなかったです。
じつはこの小額詐欺といわれる手法が蔓延していてなんとなく思ったより現金化が低いけどお金も手に入ってるから詐欺ではないと思ってしまうところに難しさがあります。
小額ではあるので気付きづらいがそれは紛れも無く騙されていると考えて間違いないです。