注意喚起

悪徳業者に引っかからないための優良クレジットカード現金化の選び方

悪徳業者を回避

クレジットカード現金化でネット検索してみると、実にいろいろな業者のホームページがヒットするはずです。しかし、中には優良なところもあれば、悪徳業者も見られます。悪徳業者に引っかからないためには、優良業者の特徴をきちんと把握しておくことが必要です。

まず重視したいのは換金率です。換金率は高い方がもちろんいいですが、ここで基準とすべきは手取りがどうかという点です。実は近年の業者を見てみると、換金率+キャッシュバックのように、何かのキャンペーンをつけているところが多いです。このため、結局どの業者が換金率が高いのか、一目では判別が付かないこともあります。また、ホームページには高換金率を謳っているものの、手数料など何かと名目をつけて実際に支払う現金を減らしている業者もあります。95%の換金と言っておきながら、手数料を差し引かれた実際の換金率は70%程度という場合などです。口コミサイトなどで詐欺的な営業を行っていないか確認しておくことをおすすめします。換金率で比較する場合、90%以上であれば優良業者と判断してもいいでしょう。

優良業者は、お客さんの立場に立ったサービスを心がけています。クレジットカード現金化を利用する人の多くが、今すぐ現金が欲しいと思っていることを知っているのです。そこで、スピーディに現金化対応しているかどうかもチェックポイントの一つになります。目安になるのは、申し込みから実際に現金が振り込まれるまで30分くらいで完了するかどうかです。一方、悪徳業者やいい加減な営業をしているところだと、1時間以上平気で待たせてくる場合もあります。口コミサイトなどで、実際に現金化されるまでどのくらいの時間がかかったか書かれていることもあるので、そちらをチェックしてみるといいです。

悪徳業者を区別する方法としておすすめなのは、会社概要です。ホームページに会社概要の書かれていない業者は、詐欺業者や換金率が不当に低いぼったくり業者の可能性が高いです。たとえ会社概要の記載があっても、問題のある内容が見られれば、その業者を利用しないほうが賢明です。まず電話番号ですが、携帯電話の番号しか書かれていないところは要注意です。固定電話を持っていないだけでなく、「トバシ」と呼ばれる携帯電話を使っている可能性が高いからです。また、会社の住所が書かれていても、それが架空の場合もありますので注意しましょう。このように会社概要を見て怪しいと思ったところは、利用を避けたほうがいいです。

コメントを残す